読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Livre para Viver

日本語とポルトガル語とその周辺

日本語が言語的にマイノリティーになったことによる疎外感を気付きにつなげたい

以前、こんな記事を書きました。留学生と国内学生が共に学んでいる文章表現のクラスの話です。

b.livreparaviver.net

クリティカル・リーディングの基礎の練習で

ここで書く出来事が起きた授業はクリティカルリーディングの基礎を学ぶ授業の2回目でした。

その前の週は、テーマや主張、主張へいたる論証をまとめ、まとめ方を練習しています。

来週は、次の書籍からの抜粋を使って、要約する予定で、同じ著者の別の本の抜粋を使って先週に続き、まとめる練習をするというのが、先週の授業でした。。

科学の落し穴―ウソではないがホントでもない

科学の落し穴―ウソではないがホントでもない

 

例によって、留学生も、そうではない学生もくじ引きでグループを決め練習をしました。

統制をしているわけではないので、留学生の方が多いグループや、国内学生の方が多いグループが生じてしまいます。

そうしてできたのが、留学生3名と国内学生1名のグループでした。

学生からのコメント

学生には、授業の最後にコメントを書き、提出してもらいます。

その中である学生から、以下のようなコメントが・・・

 留学生3人対私の授業は辛かったです。留学生3人が内容を理解できなかったようで、終始、母語で話し合ってしまい、疎外感を感じました

前半部分に関しては、授業の中で伝えていくしかないかなーと思っています。

難しく感じている人は、留学生であっても国内学生であっても予習をして挑むこと、というのを強くお願いするしかないかなと思っています。

学部学生が自由に履修できる授業なので、授業内での留学生に対するフォローは難しいところです。*1

「疎外感」は気付きに繋げたい

さて、後半部分に関してが、ここで、取り上げたいことです。

終始、母語で話し合ってしまい、疎外感を感じました。」

留学生同志が母語で話しているところに、留学生の母語が分からない人が1人自分だけいる環境。

学生は不満として、取り上げています。母語で話しあったら、日本語しか分からない自分が話に参加できず、真面目に取り組もうとしているのを阻害されたような気分になると思います。こういった学生の不満も出てきて当然かなと思います。

それに、授業の方針としては、「(留学生も含めて)日本語でグループワークをしながら学ぶ」ということをかかげていますから、日本語でのグループワークをするように今後も促してはいきます。このことは、揺るぎありません。授業のやりかたを工夫して、改善をはかっていきます。

ただ、「疎外感を感じた」というのを不満としてのみ捉えるのではなく、気付きに繋げて欲しいとも思います。

日本語話者がマイノリティーの日本で、自分が言語的にマイノリティーになるという状況はなかなか実現されません。海外に行くか、外国人コミュニティに自ら入って行くことぐらいしかないかもしれません。*2

グループ内で、自分が言語的にマイノリティーになることで、日本国内にいる日本語を母語としない人たちが、同じように「疎外感を感じているかもしれない」ということへの気付きにつなげて欲しいなと思っています。

このことは、留学生が半分程度を占める授業でしか、実現できません。「留学生がいて意思疎通が難しくて面倒臭いや」ではなく言語的にマイノリティーになるということはどういうことなのか、分かって貰えるといいなと思います。

f:id:yamagen98:20140901002048j:plain

将来の仕事にも

福祉系の大学の授業での出来事だったのですが、将来社会的弱者と関わる仕事に従事する人も多いと思われます。

自分がマイノリティになるという経験を授業でできることで、将来社会的弱者がどのような思いで生きているのかに思いを馳せることに繋がるのではないか、と考えます。

将来、社会的弱者と関わるときに、このことを思い出してくれればと思っています。

 

*1:混合グループにしているのは、国内学生からのフォローを受けられるように、という意図もあるのですが、留学生・国内学生の双方に壁があることもありそうです。

*2:このことに関連して、先日、面白い話を留学生別科の学生から聞きました。彼女が働いているバイト先(居酒屋)はネパール人がほとんどで、日本人数人と、中国人1人という環境のようです。そのため、店員同士の会話は、ネパール語だったりすることもあるようです。国内にありながら、日本語話者がマイノリティであるという環境。国内でも、このような環境は増えつつあるのかもしれません。

【つくば】西武の玩具店は、意外な穴場スポット

つくば こそだて

まだ、なんでも遊べる年頃だし、祖父母からイベントごとの度にプレゼントをもらうこともあって、おもちゃを買うことはあまりないのですが・・・

同じ年代の友人に、子どもが生まれたりすることも多く、贈答用には、きちんと包装してくれるデパートのおもちゃ売り場は大変重宝します。

そんなわけで、つくば唯一のデパートである西武の玩具売り場には、時々、お世話になっています。そんなおもちゃ売り場、意外と子どもが楽しめるお店になっていました。

西武筑波店トップ|西武・そごう

ちびっこスペースの欠点

つくばは、子どもが多いからか、どこのショッピングモールにも子どもが遊べるスペースが整っています。

スーパーの西友が入っている比較的小規模のモールにさえあります。

ここは、テナントが入るまでの暫定的な措置のようですが、比較的広いです。

そして、西友と居酒屋、それにダイソーやゲームセンターしか入っていないので、子どもが少なくていいのです。

ところが、大型のショッピングモールのちびっこスペースは、土日ともなると子どもが多く、(親が)緊張します。

また、まわりにこどもがたくさんいると、なかなかのびのび遊ばせるわけにもいかないし、ちょっと目を離すと、靴下のまま脱出しているし(笑い)。

そんなわけで、あまりちびっこスペースを活用できないでいました。

西武のおもちゃ屋は、お試しスペースが広い!

少子化のせいなのか、トイザらスのせいなのか、どこもデパートのおもちゃ売り場というのは、昔に比べて狭くなっているような気がします。そのためか、たまに行く柏駅そばの高島屋のおもちゃ売り場は、こどもが遊ぶスペースがほとんどありません。

しかし、つくばの西武は、こどもが遊べるスペースが広いのです。次のような遊べるスペースが備えられています。

・一般的なショッピングモールにあるようなクッション材が敷かれたスペース

・机に取り付けられた、球を動かす知育玩具?(下図参照)

 

木製おもちゃのだいわ くねくね ミニ ブルー

木製おもちゃのだいわ くねくね ミニ ブルー

 

 

・ごっこ遊び用のおもちゃスペース

f:id:yamagen98:20160613185214j:image

・木の列車(下図参照)のスペース 

 

BRIO トラベルレールセット 33512

BRIO トラベルレールセット 33512

 

 

 と、おもちゃ屋とは思えない充実っぷりなのです。

うちのチビは、中でもゴッコ遊びコーナーと木の列車コーナーにはまっていました。

帰るのを渋るレベルで。

買い物ついではもちろん、お散歩がてらにも良いかもしれません。

周辺には、ライトオンの本店、ショッピングモール、イオン(スーパーの)などもあるので、見るところには困りません。

場所

場所はつくばの中心、つくばセンターです。駅からすぐのところ。
駐車場は有料ですが、ライトオンは2時間無料、西武を含むモール、クレオの提携駐車場は何か買えば3時間無料です。
 
 
 

【つくば】入り方の分からない「さくら交通公園」たどりついたら、夢の国だった

つくば

私が住むつくば市にさくら交通公園というのがあります。

次のブログ記事や、ツイッターでの投稿をみて、いつか行ってみたいと思っていました。

sciencecity.tsukuba.ch

思いつきでした。

妻が第2子を妊娠してから、つわりが酷く、ゆっくり遅くまで休めるように、土日の朝は、できるだけチビを散歩に連れて行っています。

妻は、コーヒーの臭いがダメなので、コーヒーを飲むためでもあり、また、つわりに果物が良いようなので、メロンやスイカを買いに行ったりしています。

近くの24時間営業の西友が、朝9時頃に、メロンやカットスイカを値引き販売しているので、ちょうど良いのです。

そのついでに西友の周りや、西友から歩いて行けるつくばセンター(駅周辺の広場?)に連れていって遊ばせているのですが、いつもそれだと芸がないなと思って、ずっと気になっていた「さくら交通公園」に行くことにしたのです。

噂によると・・・

公園の中に、道路が作られていて、信号もあって、交通ルールを勉強できるとのこと。

子どものころ、授業中暇になると、ひたすら架空の街の地図を描いていた(笑)私としては、気になります。ずーっと気になってはいたのですが、機会がなく・・・。

駐車場が分からない

西友からは、少し遠いので、車で向かったのですが、駐車場が分かりません。

他の方のブログなどには、そういった情報がなく、グルグルまわりを回ってしまいましたが、実は、路地のようなところを入って行かなければならないのでした。

こんなところの先に、公園があるとはだれも思いません。おっかなビックリ入って行くと・・・

なんと、学園都市地区とは思えない路地っぷり。おそらく、学園都市の建設にあたって、立ち退きに応じなかった方のお宅なのでしょう。成田空港にも、不自然に曲がりくねった道があります。

さて、そのまま進んで行くと、

 突如として公園への入り口が現れます。学園都市の建設の陰で、立ち退きがあったんだな、と思わぬところで考えさせられました。

計画的で住みやすい街は、古くからここに住んできている人たちの犠牲の下に造られたわけですね・・・。

中に入ると

謎の絵が描かれた切り株が、2つ。。。怖いです。なぜ切り株にこんな絵を描こうと思ったのか。切った人に聞いてみたいところです。

中の様子は、上述のブログをご覧頂ければ分かると思います。

自動車教習所の小さい版をイメージして頂ければいいのと思うのですが、擬似的な街が造られているなんて、子どもの私だったら、大興奮だと思います。

自転車や三輪車も低廉なレンタル料で借りられるようで、もう少し大きくなったら、改めて連れて来ようと思います。

※今は、石を集めることに必死で、この公園でなくても、良さそう(笑)

アクセスなど詳細がのった公式のページが見つけられないのですが、駅からも歩ける距離だと思います。市の紹介サイトも結構ショボイ・・・。

とにかく、子どもが大きくなったら、自転車とかに乗りたがると思います。街中だと車も多いし、かといって、その辺の公園で遊ばせるのも危ないです。

そんなときに便利な公園なのかも。本格的なサイクリングコースとも違って、のんびりマイペースに遊べそう!

www.city.tsukuba.ibaraki.jp