読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Livre para Viver

日本語とポルトガル語とその周辺

日本事情の授業でディスカッション

日本語教育

ある大学では、日本事情の授業を担当しています。

対象は、学部生ほぼ全員なのですが、実際には来るのは留学生のみです。

日本語は、中上級から上級といったレベルの学生たちです。

日本事情の授業は、その名の通り、日本の文化や、歴史、社会などに関する基礎知識を教える授業で、昨年から担当しています。

前期の授業では、講義と学生によるプレゼンテーションで、基本的な知識を導入しています。

後期は、前半を踏まえ、議論が起きるような日本に関する読み物を読み、日本の実状を知った上で、さらに、それに関連する内容でディスカッションをしています。

留学生のための 時代を読み解く上級日本語 第2版

留学生のための 時代を読み解く上級日本語 第2版

 

 主に、上記のテキストで扱われているテーマを参考に、新聞記事などを読み物としています。

 

背景

こういった取り組みを昨年も行ったのですが、その理由として、以下の点が上げられます。

・聞いたり読んだりするのは理解できるが、自分の考えをまとめて説明するのは難しく感じる人が多い。

・前期の授業でも、学生に意見を求めることはあったが、なかなか発言がでなかった。

・日本に長く住んだり、日本で就職する学生がいることも考えると、日本の社会の実状をしっかり理解し、それに意見をもっておくことは重要であると考えられる。

そのために、以下の目標を設定しています。

・教科書で取り上げられないような、(日本に住んでいる人に向けて)社会の様々な分野について説明したり、意見を述べるような文章を読むことができるようになる。

・社会で議論になるようなことについて、自分の意見を論理的にしっかりと伝えられるようになる。

方法

以下の手順で授業を進めています。

1)授業の前に、語彙を学習しておく。

2)授業内で、まずは、ルビなどなしで、文章を読む。

3)文法事項を確認していく。

4)内容についての理解を問題で確認していく。*1

5)ディスカッションシートに記入する。

6)ディスカッションをする。

ディスカッションシートは、

・自分の意見

・根拠

・その証拠

を記入する欄があります。根拠は3つほど書けるようにしてあります。

ディスカッションをしていくと、違う意見を持つ人から、反論が来ます。

その反論を書ける欄、さらに再反論を書く欄も設けてあります。

クラス内でのディスカッションができたら、シートを宿題として完成させます。

自分の興味のあるディスカッションのテーマについて、シートを参考にしながら意見文を書きます。シートには、既に自分の意見、根拠、反論、再反論が書かれているので、説得力のある意見文が書けます。

効果

今年度は始まったばかりですので、効果を示すことはできませんが、昨年度は、思った以上の効果を出せたように思います。

学期の始めは、感情論になりがちだったのが、学期の終わりには、きちんと根拠を示して説得力のある議論になっていました。

議論の最中についても、最初のうちは、私からも反論をしたりしていましたが、そのうちに、学生たちだけで、議論できるようになっていました。

テーマを述べてシートを渡せば、さっと記入し、10分後には、議論を開始、白熱した議論を日本語ですることができていました。

作文も、極めて説得力のある文章がまとまり、文法や表記の細かいミスを除けば指摘するところはほとんどありませんでした。

自分の意見を述べることは、特に外国語においては難しいところではないかと思います。そのもどかしさから、日本での生活が嫌になったり、一方的に受け入れるしかなくなってしまったりといったこともあるのではないかと思います。

この授業で、自分の意見が述べられるようになったことで、学生たちの受講後の学生生活が豊かになっていることを願わずにはいられません。

改善点

ただ、昨年は、学生が上級レベルにあったため、というのもあったかもしれません。

今年は、以下のようなことを導入し、改善を試みています。

1)語彙を覚えられるようにMemriseを導入。

→語彙がないと議論したくてもできないこともあるため。

2)内容理解の問題を解くだけでなく、自分が読んで理解したことの説明する。

→分かっているかどうかを把握するためと、理解したことを要約して分かりやすく説明する力を付ける。*2

3)読解/ディスカッションの時間を増やす

→受講生が増えたため、学生が話す時間を増やしたいのと、レベルが様々なので、読解に時間をかけたいため。

まとめ

調べたり、プレゼンテーションをすることも勿論大切ですが、日本や世界で議論になることについて、しっかりと自分の意見を述べられることも、重要だと考えています。

この授業の取り組みを、今後も活かして、授業内に導入していきたいと思っています。

 

*1:今期は、これからは、理解した内容を各自簡単にまとめて発表する機会も作ろうと考えています。

*2:研究室での発表などにも役立つことを目論んでいます。

妊娠から出産まで(5)『黄疸・出生届け・妻の退院』

こそだて

 前回の記事では、産まれるまでの話を書きました。

この記事では、妻が入院中の出来事を書きたいと思います。

b.livreparaviver.net 

b.livreparaviver.net

b.livreparaviver.net

b.livreparaviver.net

病院は、分娩室に入ることはできなかったため、私は待合室で、待機でした。

2時間後には、看護師さんに呼ばれて、分娩室へ。頑張った妻と赤ちゃんに対面しました。

新生児黄疸との診断

無事産まれてきた赤ちゃんでしたが、産まれて2日目ぐらいの頃に、新生児黄疸との診断が出ました。

この後の治療の経過にもよるけれども、2日ほど赤ちゃんのみ入院という形になるだろうとのこと。

というわけで慌ててすることになったのが、出生届けの提出。

市役所へ

というわけで、あわてて市役所へ。確か、病院から勧められたからでした。

というのも、

・小児科診療になるから、診察券を作った方が良い

・医療福祉(マル福)が使えるように、受給者証を貰った方が良い

とのことをいわれた気がします。

市役所では、あっけなく出生届けの提出が終わり、マル福の受給者証の他、国保の保険証なども同時に作ってもらいました。

それをその日のうちに行い、病院へ。診察券の作成、保険証・マル福の受給者証の提出をしました。*1

マル福とは

上述したマル福は「小児(外来:小学6年生・入院:中学3年生まで)・妊産婦・ひとり親家庭(母子家庭・父子家庭)・重度心身障害者などの医療福祉受給対象者の方が、必要とする医療を容易に受けられるよう、医療保険で病院などにかかった場合の一部負担金相当額を公費で助成し、医療費の負担を軽減する*2」茨城県独自の制度です。

 これはもちろん、各都道府県でそれぞれ同じような制度があります*3が、茨城県では、小児等の場合、外来診療は、自己負担額600円、入院は300円(月3000円限度)となる制度です。

黄疸のため、小児科に入院という形になった息子の医療費が極めて安くなります。保険証・受給者証を病院に提出しておかないと、立て替えて後ほど市役所で手続きをする必要があります。

出生届けの手続きはおはやめに!

というわけで、今回勉強したことは、出生届けの手続きはできるだけ早くしておくことです。

後々のめんどくさい手続きを避けることができ、また、子どもが万一入院するようなことがあっても、出費の必要がなくなります。

病気がなくても、出産後の支払いの負担は大きいもの。その負担をできるだけ減らすためには、市役所への届け出を早めにするのが吉かもしれません。

*1:当時、博士論文の提出の時期と重なっていたため、忙しい中なんとかやりとげました。

*2:医療福祉(マル福)のしくみ/茨城県

*3:たとえば、隣の千葉県では、市町村ごとに自己負担額や所得制限が定められており、自己負担額が0円となる市町村もあります。

MemriseとQuizlet、日本語の授業ではどちらが良いか

日本語教育

今学期から、新たな取り組みとして、語彙を覚えるためにWebアプリを活用することにしました。

b.livreparaviver.net

 以下の2点が主な理由です。

・授業での語彙の習得度が違い、練習時に授業が滞ってしまうことがある。

・スキマ時間に効率的に語彙を覚えて欲しい。

そこで、Web上で使え、かつ、語彙リストをこちらで用意できるWeb上の語彙学習サイト(アプリ)を探していたのです。

条件として、以下の6点を考えました。

(1)語彙リストが自分で用意できること。

(2)教員側で学習者の進捗状況が把握できること。

(3)音声をこちらがわで用意できること。

(4)画像などが入れられること。

(5)Android / iOSアプリがあること。

(6)(苦手なものや、過去に覚えたものの)反復練習が可能であること。(ただのフラッシュカードではないこと)

(1)〜(2)に関しては、授業で使うため必要なことです。自分が使うだけだったら、これらの機能は不要かもしれません。

(3)は、カナを見れば読み方は分かりますが、アクセントなどはどうしても把握できません。(アクセントを書くのもスマートではない気がしますし。。。)字面だけでなく、耳で覚えることが必要だと考えるためこの機能が必要だと考えました。

(4)は、画像があった方が、意味理解の助けになる場合があるためです。

(5)は、「スキマ時間で勉強できること」を目論んでいるため、寝る前や休み時間、研究の合間にできることが望ましいためです。

(6)も重視しました。Webだからできる機能が欲しいです。

上記6点を考え、取り敢えずQuizletMemriseに絞りました。

いずれもある程度は無料で使えますが、高機能版は有料となります。

続きを読む